1.5Gbps高速シリアル信号のデバッグが終わりました

 このサイトをオープンしたときにご報告した、1.5Gbps高速シリアル信号回路のデバッグが終了しました。

 残念ながら詳細な回路動作に関しては、クライアント様との守秘義務があるので話せませんが、なんとかクライアント様を満足させることができました。

 ポイントは、

  1. マイクロストリップラインのインピーダンスが50Ωからずれると、ISIの発生原因になる
  2. 波形観測時、半田付けプローブを使うことによって、波形観測の信頼性が格段に上がる

でしょうか?

 特に半田付けプローブ強力なツールとなりました。

 この場を借りて、半田付けプローブ、D350STを快く貸し出していただいた、レクロイジャパン株式会社 (現テレダイン・レクロイ・ジャパン)様に厚く御礼申し上げます。

 詳細に関しては、「デバッグ事例」の以下のエントリーを参照ください。

再製作したプリント基板のMicrostrip Lineは50オーム
半田付けプローブを使ってデバッグを行う(Part 1)
半田付けプローブを使ってデバッグを行う(Part 2)
半田付けプローブで観測した波形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください