EDSフェアとアメリカのDesignCon2010に参加しました。

 1月27日と28日の二日間、パシフィコ横浜で開催された「EDSフェア」と、2月1日から4日まで、アメリカサンタクララで開催された、「DesignCon2010」に参加してきました。

 
 EDSフェアは、昨年初めて参加したのですが、パワーインテグリティやシグナルインテグリティ関連のツールが揃っており、特に「パワーインテグリティ」関連のツールがちょこちょこ出てきていて、当時「パワーインテグリティのすべて」の翻訳を始めたこともあり、興味をもって参加できました。
 今年は、昨年パワーインテグリティ関連のツールを取り扱っているベンダーさんと名刺交換したのですが、それらベンダーの方々に、「パワーインテグリティのすべて」が出版されたことを告知し、何らかの形で仕事上のアライアンスができないか、その可能性を探る為に各ベンダーさんの訪問を行ってきました。
 また、今回発行された、「パワーインテグリティのすべて」が、果たして受け入れられるのかどうか、の調査もあります。
 結果的に、結構良い成果が得られたと思います。
 
 詳しくは、「EDSフェアに参加」のページをご覧下さい。
 
 
 DesignCon2010への参加は、今お仕事のお手伝いをしている、「アルテック株式会社」様が、DesignCon2010にて、自社製品(私も開発のお手伝いをしました)を展示するので、参加した上でブースでの説明員・通訳・他のブースでの情報収集を行って欲しいという、社長様からの強い要望があり、アルテック株式会社様から全額渡航費用を出していただだけるという、まあ太っ腹な待遇で参加させていただきました。
 
 結果、自社製品の展示も多くの引き合いが合ったのですが、それ以上に大きな成果(残念ながらここには書けないのですが・・・)があり、とても充実した4日間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください