アジレントテクノロジーGenesysを使った解析例の連載終了

11月から続けていた、ビアのあるマイクロストリップラインの特性解析が、本日終了いたしました。

 
ここでは、ビアを介してL1からL4にマイクロストリップラインの経路が変わる場合、どのようにしたら、ロス(S21)と、反射(S11)が少なくなるか、を主題に検討を重ね、一定の結論がでましたので、ここに報告したいと思います。
 
以下のページをごらん頂ければと思います。
 
 
Part6で、現在最も良いSパラメータが得られる例を示しました。今後は、この寸法で実際のマイクロストリップラインを作成し、ネットワークアナライザを使った解析を行いたいと思います。
 
最後に、Genesysを使わせていただいた、アジレントテクノロジー様(現:キーサイトテクノロジー様)に感謝の意を述べさせていただきます。
 
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください