翻訳したデータシート等が、アナログ・デバイセズ(株)様のWEBサイトに掲載されました。

昨年よりアナログ・デバイセズ株式会社様のデータシート翻訳を行っておりますが、デバッグ・ラボで翻訳を行ったデータシートが、アナログ・デバイセズ株式会社様のWEBサイトに掲載されておりますので、ご紹介致します。

2015年9月8日現在、掲載されているデータシート及びアプリケーション・ノート、ミニチュートリアルの一覧を次ページに示します。

●データシート

  1. AD7124-8 8 CH、低ノイズ、低消費電力、24ビットΣ-Δ型 ADコンバータ
  2. AD7172-2 真のレール to レールバッファ内蔵、31.25 kSPS、24ビットΣ-Δ型ADコンバータ
  3. AD7173-8 8/16 CH、高集積、低消費電力、31.25 kSPS、24ビットΣ-Δ型ADコンバータ
  4. AD7175-2 真のレールtoレールバッファ内蔵、250k SPS、20μsセトリング、24ビットΣ-Δ型A/Dコンバータ
  5. ADF4351 広帯域シンセサイザ、VCO内蔵
  6. ADP5050 5チャンネル電源ソリューション、クワッド降圧レギュレータ、200mAのLDO、I2Cインターフェース
  7. ADP5052 5チャンネル電源ソリューション、クワッドの降圧レギュレータ、200mAのLDO

●アプリケーション・ノート

  1. AN-1254(pdfが開きます) 複数の DDS ベース・シンセサイザ AD9915 を同期する

●ミニチュートリアル

  1. MT-032(pdfが開きます) 理想的な電圧帰還(VFB)オペアンプ
  2. MT-033(pdfが開きます) 電圧帰還型オペアンプのゲインと帯域幅

日本語としての読みやすさを考えて翻訳を致しました。是非ダウンロード頂きご活用頂ければと思います。

また、これら文書の日本語翻訳品質にご満足頂ければ、翻訳(英日)のご依頼も承っております。こちらのページからお問い合わせ下さい。

宜しくお願い致します。

デバッグ・ラボ 代表 國頭 延行

なお、各ドキュメントの技術的な内容に関して、デバッグ・ラボにご質問頂いてもご回答できませんので予めご了承下さい。

お問い合わせ先:アナログ・デバイセズ株式会社 お問い合わせ窓口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です