【新連載】英日翻訳に関する苦労話始めました

 6月9日に「ハワード・ジョンション博士Dr. Howard Johnsonアプリケーションノートの翻訳が好評、との新着情報を書きましたが、折角なので、今までやってきた翻訳の例を引いて、翻訳時の苦労話を連載で書きたいと思います。

 最初のエントリーは、プロとして翻訳者デビューした作品 アナログ・テクノロジシリーズ OPアンプ大全(CQ出版社刊)で遭遇した「何これ?」な話を書きました。こちらのリンクからどうぞ。
 
 数回の連載になると思います。どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください